農場HACCPへの取り組み
食品の安全性を確立するために農場HACCP認証農場をめざし、
継続的な食の安全を提供できるよう取り組んでいます。
HACCP(Hazard Analysis and Critical Control Point)とは、食品の製造・加工工程などの際に工程上の危害を起こす要因を分析し、それを最も効率よく管理できる重要管理点を設け、連続的に管理して安全を確保する管理手法です。
農場HACCP導入の目的と衛生管理方針
  • ①目的
    1. 我社は、消費者の皆様に安全でおいしい豚肉の安定供給を志し、安心できる食文化の向上に貢献します。
    2. このために、自農場で生産される肉豚に、食品としての安全性を継続的に確保すべく農場HACCPシステムを導入いたします。

  • ②衛生管理方針
    1. 農場HACCPの考え方を取り入れた衛生管理により、農場で生産される豚肉の安全性確保に努めます。
    2. 家畜飼養衛生管理、及び食品衛生に関する法令を遵守します。
    3. 農場HACCPを推進するために、業務の質・量に見合った人的資源の確保、及び必要な設備・機器を提供し、意図された機能が効果的に発揮されるよう保持します。
    4. 従業員、及び原材料供給者・肉豚出荷先に衛生管理方針を周知します。
    5. より安全な豚肉を継続的に生産するために、随時衛生管理システムの見直しを行います。
これまでの取り組み
平成27年7月
 黒潮農場
 農場HACCP認証へ向けての取り組み開始
平成28年6月
 黒潮農場
 農場HACCP認証農場に登録
平成28年6月
 本場 , 清川農場 , 飯岡農場
 農場HACCP認証へ向けての取り組み開始
平成28年9月
 第一農場 , 第二農場 , 銚子農場
 農場HACCP認証へ向けての取り組み開始